MBフランチャイズへの参加は、こちらから

数あるフランチャイズの中から、ここでは、BMフランチャイズを紹介いたします。

 

BMフランチャイズは、フランチャイズのデパートで、あなたの環境から最適なフランチャイザーを選び出すことができます。

 

  1. 開業スタイルから
  2. 予算から
  3. エリアから
  4. 業種から

フランチャイズ・チェーンとは?

 

フランチャイズ・チェーンとは、次の通りです。

  1. フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)とが共同で事業を運営する契約を締結する。
  2. フランチャイザーは、自らの商標等をフランチャイジーに使用させ、同一イメージの事業を実施する権利を付与する。
  3. フランチャイザーは、フランチャイジーに事業活動についての経営指導を行う。
  4. フランチャイジーは対価として、加盟料やロイヤルティー(本部への定期的納入金)等を支払う。
 

コンビニやリサイクルショップ話題のお店Best5

買取専門ビジネス「おたからや」

【10月21日】に「がっちりマンデー!!」で紹介された注目のフランチャイズ!

 

ローソン FCオーナー・インターン制度

給料25万円を貰いながら独立に向けて店舗で働くプランです!開業時特典あり!

 

買取専門店「大吉」

全国275店舗買取専門店「大吉」の"継続率96%"の独立開業

 

ローソン

抜群の商品力と充実のサービスを兼ね備えた「ローソン」で目指す、安心・安定の独立!

 

セブン‐イレブン

コンビニエンスストア「セブン‐イレブン」の店舗経営

比較一覧表

【MBフランチャイズ】Q&A

新規事業を行う際に法務整備は必要ですか?

事業を始めるには、契約書や利用規約書等、法務関連書類の整備や契約締結のための交渉、知的財産権に関連することなどしっかり準備してリスク管理をする必要があります。新しく立ち上げるビジネスを法的に守られたものにして安全に運営するためです。専門的な知識が必要な部分も多いので、まずは弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。

企業法務とはどんな仕事ですか?

契約関連業務、株主総会や取締役会の準備など、訴訟や係争の対応、ライセンス取得、契約ドラフト・交渉、リスクマネジメント、知的財産管理などなど。多くの重要な仕事が企業法務に含まれています。

知的財産とはなんですか?

発明による特許、実用新案、デザイン(意匠)、商標、著作権、半導体集積回路配置、商号などが一般的に知られる知的財産です。それぞれ保護期間や出願方法に違いがあります。所有するものが知的財産にあたるかどうか、またそれを登録するのにはどうしたらよいかなどの適正な判断は専門家に相談するのが確実です。

独立開業資金はどのようなところから借りることができますか?

日本政策金融公庫や信用保証協会のような公的融資制度と銀行・信用金庫などの民間金融機関があります。公的融資制度は民間金融機関に比べると、金利が低かったり返済期間が長いなどのメリットがあります。しかし所得税などの税金をきちんと収めていることなど公的機関ならではの審査基準があったりしますので、条件などをきちんと調査・理解した上で申込みをしてください。

無担保で事業資金を借りる方法はありますか?

無担保で事業資金借入を申し込む方法としては、信用保証協会の利用が挙げられます。条件や詳細は信用保証協会ごとに違うことがありますので、検討する場合は利用する信用保証協会に問い合わせるのが確実です。また制度融資を利用するのも手です。制度融資は都道府県や市町村が行っている創業支援制度です。

短期の一時借入金を会社設立時の資本金額に入れることはできますか?

資本金が多いほうが多額の融資を受けやすいことから一時借入金を資本金額に入れると良いのでは?と考えるかもしれません。しかしこれは金融機関を欺く行為でいわゆる「見せ金」というものにあたります。融資審査の通帳の入金履歴などでバレることがほとんどですし、仮に金融機関を欺いて多額の融資が降りたとしても、その分返済額も大きくなり返済能力を超えてしまうなど良いことはありません。

個人事業と会社組織それぞれのメリット・デメリットは?

個人事業で開業するメリットとしてまず考えられるのは、開業時の手続きが簡単で資金も低く抑えることができることでしょう。しかし顧客の信用を得るのに時間が掛かったり、資金調達が難しいといったデメリットがあります。
会社組織(法人)の場合はメリットとして社会的な信用を得やすいことや、法人税が税率一定であることから、所得が大きくなると有利になることなどが挙げられ、デメリットとしては開業時に用意する書類が多く諸手続きに時間が掛かるためすぐに開業できないことや、会社設立にある程度まとまった資金が必要になることなどが挙げられます。

事業計画書とはどのようなものですか?

事業を始めようとする人が、今後どんなふうに事業展開していこうと考えているのかをわかりやすく書き表したもので、新規事業のアイデアやそれを実現していくための手順などを文章でまとめます。そうすることによって新規事業の全体像を客観的に確認することができます。また対外的に事業への理解を得るために使ったり、内部のマネージメントに利用したりします。

開業の届け出はどうすればいいのですか?

会社を設立する場合は、定款の認証と出資金の払込を行い調査書を作成して登記申請を行います。 資格や許認可が必要な業種の場合は、さらに許認可申請等をする必要があります。